あらら・・、「ニセ講師」まで出て来るとは・・。(笑)

  • 2013/06/27(木) 10:43:22

鹿児島で「まるけん食農塾」を主催されている「原乃後 誠(はらのうしろ まこと)」さんが、
20年以上の試行錯誤の中から、考案された「手作り発酵エキス」と、「手作り酵素ジユース」
のノウハウですが、植物の特性や、秘められた能力を抽出する方法など、実に奥深いものです。

原乃後さんの考案した方法は「目標とする薬効成分の見分け方」や「具体的な抽出方法」が
あまりにも多岐に渡っていて、私は一度のセミナーでは理解出来ませんでした。
(ゴメンナサイ!)

実際に私も作ってみたのですが・・、
通常なら2〜3年ほど熟成に時間がかかるのが10日〜14日で出来上がってしまいます!
なんと100分1の時間で仕上がるのです。(驚き!)  
しかも、私と一緒に「手作り酵素ジュース」を自作された方々からは、
不思議な奇跡(体調改善)の報告や、感謝のメールが次々と寄せられました・・。(感謝です!)
つまり、「短期間で、効果が実感出来る。」のが大好評でした。
さて、今日の本題なのですが・・。

あらら・・、「ニセ講師」まで出て来るとは・・。(笑)

「原乃後 誠 (はらのうしろ まこと)」さんの発案された「手作り酵素ジュース」ですが、
「短期間で、効果が実感出来る。」のが、逆に災いしているみたいでして・・。(笑)

何と、「酵素ジュース作り」の「ニセ講師」まで出現して来たニュースが入って来ました・・。(笑)

今回は「ニセ講師」の「簡単な見分け方」を、ちょっと書いておきます・・。((← コレ、重要!!))

試しに、あなたの「手作り酵素ジュースの講師」の方に、以下の質問をしてみてください・・。

1、私は、「同じ材料と分量」で、「酵素ジュース」を仕込みました。
 「ガラス容器」で仕込んだ場合と、「陶器や磁器」(例えば「有田焼きの器」で仕込んだ場合)に、
 「出来上がった酵素」に「大きな違い」が出るのはどうしてですか・・?

2、出来上がった「酵素ジュース」を使って「化粧水・保湿ジェル」や「制汗剤」を作りたいのですが、
 私にとっての、「最適な配合と分量を知る方法」を教えてください。

3、「ダイエット」については、個々人の違いがあると思うのですが、「果物」「野菜」「山野草」の、
  「ブレンドの比率」について、「明確な基準を知る方法」がありますか・・?

4、「アストロ・ボール」を使って、「酵素ジュース」を仕込んでいます。
  「アストロ・ボール」を使うと、「出来上がりに『明確な違い』が感じられますが」
  コレは、どうしてですか・・?

いかがでしょうか・・????
「まるけん食農塾」で「基礎から学んでいる講師の方」は上記の質問に解答が出来ますし、
即答が出来なかった場合でも、2日以内には、「まるけん食農塾」にある
「インターネット問い合わせシステム」を使って「答え」を検索出来る仕組みがあるそうです。

あなたが受講した「手作り酵素ジュース」の「講師」の方は、答えが出て来ましたか・・?

あらら・・? 出来なかったんですか・・??
その方は、本当に「酵素ソムリエ」の資格をお持ちの方ですか・・????(笑)

ちょっと、一言・・。
「理解」とは、
「理(ことわり)」が「解(わかる)」と、書きますよネ・・。

「正しい」かどうかについては、「一(一度)」「止まって(止)」、考えては如何でしょうか・・?

「ニセ講師」には、ご注意くださいネ・・。(笑)

PS:ちなみに、こちらの写真のひとつは「ヨモギとスギナの酵素エキス」なんですが・・、
  コレの「薬効成分」は、何でしょうか・・??(笑)






http://kososomurie.blog.fc2.com/


http://kososomurie.dtiblog.com


http://kososomurie.seesaa.net/


http://blog.livedoor.jp/kososomurie/


http://yaplog.jp/kososomurie/


http://blog.goo.ne.jp/kososomurie


http://kososomurie.jugem.jp


http://kososomuri.exblog.jp


http://kososomurie.hatenablog.com/


http://maruta.be/kososomurie


http://kososomurie.at.webry.info/


http://kososomurie.blog.wox.cc/


http://kososomurie.fruitblog.net


http://ameblo.jp/kososomurie/


http://kososomurie.yamatoblog.net/


http://kososomurie.cocolog-nifty.com/


https://www.facebook.com/kososomurie


追記:「手作り酵素ジュース」の考案者である原乃後 誠さんが
技術顧問をしておられる大分市の「ピースハート」のホームページは、
こちらのURLからどうぞ・・。

http://www.p-kit.com/hp/peace-heart/


http://peace-heart.p-kit.com/



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

またまた、メールでお問い合わせを頂きまして・・。(苦笑)

  • 2013/06/06(木) 08:57:34

またまた、メールでお問い合わせを頂きまして・・。(苦笑)

「水(みず)」についてですが、
「水道水」や「市販のミネラル・ウォーター」では「酵素ジュース」を作らないでください!

空気中に浮遊している有害菌や雑菌が容器の中で繁殖して、非常に危険です。
(「自然」や「天然」という言葉は非常に聞こえが良い言葉ですが、
 「安心・安全」という観点から見ると非常に危険な要素を多く含んでいます。)

「人体に有害な雑菌が繁殖出来ず、長期間に亘って腐敗しない水」が必要です。
今回は、メールのお問い合わせに対するお答えとして、
「酵素用ミネラル液」整水器と、「ミネラル原液」の画像をアップしておきます。

整水器は、こちらです。
(水道水に「ミネラル原液」を添加して濾過する仕組みです。
 ちなみに、「ミネラル水」1リットルが¥28の単価で作成出来ます。)


「ミネラル原液」(100ml)は、こちらです。
(これ1本で約300リットルの「ミネラル水」を作る事が出来ます。)


ご質問は、以下のメールアドレスでも受け付けております。
kososomurie@yahoo.co.jp

ちなみに、「手作り酵素ジュース」の考案者である「原乃後 誠(はらのうしろまこと)」さんの「まるけん食農塾」のブログはこちらから・・。
http://marusyokujyuku.blogspot.jp/


では今日は、このあたりで・・。(笑)

追記:「手作り酵素ジュース」の考案者である原乃後 誠さんが
技術顧問をしておられる大分市の「ピースハート」のホームページは、
こちらのURLからどうぞ・・。

http://www.p-kit.com/hp/peace-heart/


http://peace-heart.p-kit.com/

.

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

本当はもっと(奥が深い)「手作り酵素」の世界・・・。

  • 2013/06/04(火) 10:41:22

本当はもっと(奥が深い)「手作り酵素」の世界・・・。

ちょっと、メールを頂きまして・・・、
「1:1:1 の比率さえ守れば(酵素ジュース)が出来るんだったら、
何回も、(手作り酵素教室)に参加する意味がないと思うんですが、
どうなんでしょうか・・・・?」って・・。(笑)

これも、「よくある質問」なので、お答えしておきましょうネ・・・。(笑)
実は、「1:1:1 の比率で作ると(酵素ジュース)が出来ますヨ。」 
というのは「初心者編」のお話です。

自動車教習所で例えると・・・、
「アクセルで進み、ブレーキで止まります。ハンドルを切れば、
右にも左にも行けますヨ・・。」というレベル。
これは、最初のハードルを低く設定して、(車の運転って案外に簡単、
これなら私にも出来るかも・・。)って、すぐに体感して頂けるように、
「入門編」としてご紹介をさせて頂いている訳です・・。
実際の路上では、「坂発進」もあれば「縦列駐車」もあり、「進入禁止」の標識や
「速度規制」もあって、「アクセルと、ブレーキとハンドルだけ」では、
とても(効率の良い車の運転)は、難しいでしょう・・?(笑)

実例をひとつ、書いてみましょうか・・・、
例えばあなたが、「目にいい酵素を作ってみよう!」と思い立ったとします。(笑)
「う〜ん、目にいいのはブルーベリーっていうから・・、これで!!
1:1:1 で、これでOK。」ですネ。(笑)

ところが、もう少し深いところまで理解が進むと・・、
(効率)が考えられる様になります・・・。
狙いを定めて、「自分の取り出したい成分」を「いかに早く、大量に取り出すか」
が計算出来るのです。

上記の例だと(目にいい)と言われているのは「アントシアニン」という成分。
(植物が持つ「配糖体」です。)
実は、植物は4つの「色素」を持っています。緑色が「葉緑素」、
赤・橙・黄色が「カロチノイド」、赤・青・紫の「アントシアニン」、
黄色の「フラボノイド」。(ちょっと、専門的な話で、ゴメンなさいネ。)(笑)

で今回は、この中の「アントシアニン」を、「効率良く、大量に
取り出すには・・?」と考える訳ですネ。
そのためには、「浸透圧」を計算して、「砂糖と水の比率を調整」し
「目的の果実の水分量に見合った」「最適の環境」を準備して・・・、
「そうすると、今回は 1:1:2 くらいの方がいいかも知れないナ・・。」
少し理解が進むと、こんな感じでスタートが出来る様になるという話です・・・。

特に、「複数の果物を組み合わせて仕込みたい」時には、
ちょっとしたテクニックとしても、応用出来ます。
「ブルーベリー」だけだと単価が高いから、「リンゴ」も利用して、
単価を抑えて作ろうか・・、とかネ。(笑)
その時でも、「手作り酵素教室」に参加していれば、「果物の特性」が
理解出来ていますから、「じゃあ、もうちょっと赤(アントシアニン)の強い
「リンゴ」にした方がいいな・・・。」とかネ。(笑)

*ちなみに、「緑」のリンゴを急いで「赤くさせる方法」ってご存知ですか・・・?
 緑のリンゴは、天気の良い日にひなたに出して、霧吹きで水をかけてやれば、
翌日にはもう赤くなります。
(こんな事、知ってました・・? 
「手作り酵素教室」に参加すると、こんな知識も得られますヨ・・。)(笑)

これ以上に書くと「ノウハウの公開」になりそうなので、
この辺りにしてしておきましょうかネ・・。(笑)




http://kososomurie.blog.fc2.com/


http://kososomurie.dtiblog.com


http://kososomurie.seesaa.net/


http://blog.livedoor.jp/kososomurie/


http://yaplog.jp/kososomurie/


http://blog.goo.ne.jp/kososomurie


http://kososomurie.jugem.jp


http://kososomuri.exblog.jp


http://kososomurie.hatenablog.com/


http://maruta.be/kososomurie


http://kososomurie.at.webry.info/


http://kososomurie.blog.wox.cc/


http://kososomurie.fruitblog.net


http://ameblo.jp/kososomurie/


http://kososomurie.yamatoblog.net/


http://kososomurie.cocolog-nifty.com/


https://www.facebook.com/kososomurie

追記:「手作り酵素ジュース」の考案者である原乃後 誠さんが
技術顧問をしておられる大分市の「ピースハート」のホームページは、
こちらのURLからどうぞ・・。

http://www.p-kit.com/hp/peace-heart/


http://peace-heart.p-kit.com/

.

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る